損益予算管理システム「VIPS21」
製品情報&サポート情報
製品情報
VIPS21 TOP
建設業界を取り巻く環境
 開発コンセプト
製品紹介
システム業務の流れ
システムによる効果
システム間データ関連図
メニュー構成
お客様の声
画面イメージ
出力サンプル
動作環境
資料請求・お問い合わせ
キャンペーン案内
サポート情報
製品価格&保守料金
訪問指導料金
その他
ITC用語集

 

販売商品紹介 | ネットワーク構築 | Web制作 | 販売商品一覧 |

Copy(C)2008 NPS CO.,LTD.All rights reserved
 
 開発コンセプト
 
 
「建設会計」でありながら、随時決算がみられる。

会計とは、経営の結果を後から追いかけるためのものではなく、又いかに正確な決算
処理がなされても、遅すぎては何の手も打てなくなります。
会計データは現在の経営状態をシンプルに、またリアルタイムで伝えるものでなけれ
ば経営者にとって何の意味もないものです。

本当のリアルタイムで「原価管理」ができる。
゛原価"発生時点を、予算執行時(発注時)と見て処理します。
予算執行入力すると、注文書、請書、発注伺い書が自動発行されます。
物、お金、動作、伝票、互いの一対一の対応が重要です。
コンピュータで「体質改善」ができる。

事実をあいまいにしたり隠すことができない、ガラス張りのシステムを構築し、トッ
プ 以下誰もが「一対一の対応の原則」を守ることが不正を防ぎ、社内のモラルを高め、 社員一人ひとりの会社に対する信頼を強くすることになります。